yuibachanのブログ

100歳まで心は乙女を目指すばあさんの日記

ベンチ

公園でもバス停でもベンチがあると嬉しいですね。
新型コロナウイルスの影響で、鶴ヶ峰の西友ストア内に設置されていたベンチがなくなっていました。並んで座ることでの感染リスクをなくすためだと思いますが、買物客も長い間、歩きっぱなしでは疲れます。とくに高齢者のかたには休憩するベンチが必要です。なくなっていて、とても残念に思いました。


バス停でもベンチのあるバス停はとても助かります。
予定のバスに乗りおくれたり、早く着きすぎたりした時、座ってバスを待つことができます。


もともとベンチのあるバス停もありますが、明らかに近辺の住民が持ちよったであろう椅子の置かれたバス停もあります。そうした椅子は色も形も様々ですが近辺住民の方々の優しさが伝わってきて心が温かくなります。
















住民の方が持ってきたと思われる椅子があります。






このバス停は利用者が少ないわりに、椅子だらけです。


ここにも住民の方の好意がみられます。








今日の歩数 19929歩

沢渡中央公園、せせらぎ緑道とたくさん歩きました。
帰宅して、歩数計をみたら、19929歩。もう少しで2万歩、最高記録です。
せせらぎ緑道のあじさいが満開でした。








せせらぎ緑道に咲くアジサイの花はとても大きいです。
花がこれほど見事なのは、こうした品種だからでしょうか、陽たりのよい場所のせいでしょうか? 小玉スイカほどある花の大きさにビックリしました。








相変わらず、どくだみちゃんが幅をきかせていました。













沢渡中央公園

横浜から三ツ沢下町まで歩いて行く途中、「沢渡中央公園」の横を通ります。
今日は少し早めに家を出たので、公園の中を歩いてみることにしました。
公園内に遊具はなく、草地と砂地の広場です。
とても広いのでボールや遊び道具を持って行くと楽しめそうです。



























ベンチの下にゴミがあって、少しガッカリでした。



朝顔

もうすぐ夏ですね。散歩していたら、きれいな朝顔を見かけました。
朝顔で思い出すのが、太宰治の「燈籠」にある、朝顔のゆかた。


「せめて来年の夏までには、この朝顔の模様のゆかたを臆おくすることなく着て歩ける身分になっていたい、縁日の人ごみの中を薄化粧して歩いてみたい、そのときのよろこびを思うと、いまから、もう胸がときめきいたします。」


「朝顔の模様のゆかた」に「薄化粧」、「燈籠」は、太宰治作品の中で一番好きな小説です。







「若葉台公園」のアスレチック

若葉台公園に行ってまいりました。
バス停の裏の坂を上って行くと、そこがもう公園です。入口は階段になっていて、少し上っただけでいきなり山奥に入ったような気分になります。坂を上らず直進すると子どもたちが遊べる遊具コーナーにたどりつきます。充実した立派なアスレチックがあります。






































アスレチックのある公園へ向かう道には、たくさんのアジサイが植えられていました。





立派なアスレチックがありました。