ゆいちゃんの「とんぼのめがね」

何事もない平凡な生活を切り取って行きたいと思います。

パスワードのロック解除 10Bの鉛筆 ステッドラー





夫がマイナンバーカードのパスワードを3回間違えてしまったので、ロック解除のため都筑区役所へ行ってまいりました。ロック解除はこれで2回目、わざわざ行かなくても他に方法はないものかと思います。ほんとうに面倒臭いです。


ついでにマイナポイント獲得のための手続きもやって来ました。夫は脳梗塞の後、スマホにアプリをインストールすることが出来なくなっています。自分のメールアドレスを忘れてしまったので、本人である認証ができず、スマホでの手続きが出来ないのです。
マイナポイントに関する手続きが区役所にあるパソコンで簡単に出来たので良かったです。







センター南駅のそばにある「有隣堂」へ寄ってみました。本屋さんですが文具も売られています。文房具は見てまわるだけでも楽しい。




有隣堂の文具売り場




鉛筆コーナーをのぞいて見ました。ズラリと並んだ鉛筆がキレイです。






10Bの鉛筆まで売られていました。10Bはネットで購入して使ってみたのですが、芯が太くて、やはり濃いしっかりした字が書けます。
最近では小学生の書き方鉛筆として10Bを選ぶ親もいるそうです。滑らかで筆圧が弱くてもはっきりした字が書けるところが選ばれる理由でしょうね。でも柔らかいので折れやすく、ケシゴムで消えにくいかも知れません。


最近の鉛筆は昔と違って、書き味が滑らか。
太宰治の人間失格に、鉛筆を舐め舐めというシーンが出て来ます。太宰らしい滑稽さがあってそのシーンが大好きです。昔の鉛筆は滑りが悪く舐めて書く人がいたようで、私も舐めて見ました。すると鉛筆の味がしました。(どんな味?)





ネットで購入したステッドラーの10B




Bと10Bの鉛筆




画像では分かり難いですが、10Bだけあってしっかり濃いです。HBはやはり薄い。これも画像では分かり難いですね。






鉛筆が届いたとき、縦26×横19×厚み4㎝の大きな箱で送られて来たのでビックリしました。
鉛筆の値段は187円。送料無料だったので、これでは儲けがあるのだろうかと心配になりました。よけいなお世話ですが…





FFのチラシと同封されていた鉛筆1本






いちばん濃い鉛筆はステッドラー社の 12B(ルモグラフ 製図用高級鉛筆12B)だそうです。
12Bはステッドラーしかないようです。(画像はお借りしました)    

製図・ファインアート・デザインなどのプロフェッショナルユーザーから厚い信頼を受けている鉛筆。説明を読むと、紙への定着性がよく均一な線が書け、折れにくく(意外と折れにくいのですね)、磨耗が少なく滑らかな書き味といわれます。
有隣堂にはステッドラーは売られてないので、使いけたれば、ネットで買うしかないようです。








ユリ








ご訪問いただき、ありがとうございます。

×

非ログインユーザーとして返信する