ゆいちゃんの「とんぼのめがね」

100歳まで心は乙女を目指すばあさんの日記

ICM(植込み型心臓モニタ) ボルト 東京スカイツリー 天空の大工事 ユキヤナギ



先週、夫がICM(植込み型心臓モニタ)の除去手術を受けました。そして今日、抜糸のため脳神経外科へ行ってまいりました。
ICMを胸に入れてから3年間、心電図に異常は見られず、だた苦痛なだけと夫がいうので医者に相談して除去することになりました。
ICMを除去するには、まず相談、それから除去手術、翌日の消毒、1週間後に抜糸と4日も脳神経外科へ行くことになりました。
病院まで遠いので往復にも時間がかかり、長時間、待たされ、救急搬送されてくる患者さんの緊急手術などが入ると担当医に診てもらえないこともあります。今日も5時間かかりました。
ずっと痛くてたまらなかったようで、夫は医者に勧められても、胸に植込まなければ良かったと文句を言っています。
.





下の画像は、45mmもあるICM(植込み型心臓モニタ)。こんなものが胸に入っていたら痛むはずです。
3年間、夫はよく辛抱したと思います。








°˖✧◝()◜✧˖°°˖✧◝()◜✧˖°°˖✧◝()◜✧˖°°˖✧◝()◜✧˖°







昨日の朝、撮影した、大綱橋のボルト。
バスの窓から撮影。
出会いも一期一会。バスが橋の上で停止した時、たまたま目につきました。
ボルトが橋を支えなければ、橋は崩壊するわけで、しっかり仕事をしているのに並んでいる姿はたこ焼きみたい、可愛いなと思いました。笑









ここにもたんさんのボルトが使われているのですよね。ボルトを作る仕事もすごいなぁと思います。






NHK、新プロジェクトX「東京スカイツリー 天空の大工事 、世界一の電波塔建設に挑む」を観ました。
634mの電波塔建を作った技術者、精鋭のトビ職人たち、凄い凄いと感心して観ました。


天才肌の人が何人もいて、こんなとてつもないものを作りあげる。決して出来て当たり前のことではないのですね。


そんなわけで、最近設計したり、工場や現場で働く人たちのことをよく考えます。人間の頭脳は、技術は、どこまで進んで行くのでしょう。
 





しかしこうも進歩してくるとよく思います。
バベルの塔の建設時にブチ切れた神はスカイツリーなどの高い建設物をどう見ているのでしょう?
バベルの塔は6000メートル、スカイツリーは648メートル。まだまだ低い、可愛いと神の許容範囲だから黙っているのでしょうか?
スカイツリーはただの電波塔で神に近づこうとしたわけではないから?  よく分かりません。
でも、いつか怒らせてしまいそうでコワいです。((((;゚Д゚))))







ツツジ












ハナニラ




ユキヤナギ













ご訪問いただき、ありがとうございます。

×

非ログインユーザーとして返信する