yuibachanのブログ

100歳まで心は乙女を目指すばあさんの日記

乳がん手術後、7年生存しております

平成23年の九月、乳腺クリニックにて乳ガンと告知されました。62歳の時でした。
右の胸の上部が盛り上がっており、虫に刺されたとばかり思って、最初に行ったのが整形外科。そこで乳腺外来へ行くようにすすめられ、訪れたクリニックでガンと告知されました。



昔とちがって、今やガンはしっかり本人に告知されます。
主治医である院長は、私がガンであること、これほどのたちの悪いガンは見たことがないこと、進行がおそろしく早いガンであること、治療はぜったい失敗できない、ということを専門的なコトバもまじえて、説明してくださいました。



告知されたときの心境はといいますと、ショックでも絶望するでもなく、人ごとのように淡々と説明を聞いておりました。院長の脅しのようなたちの悪いガンという言葉の連発にもひるむことなくです。
せっかくガンになったのだから、ガンを楽しんでやろうと真っ先に思いました。
私がガンだと告げると、家族や友人たちは涙目になったりして、心配してくれました。本人はなんともないのにです。



さっそく医療用かつらを新調しました。自分がガンであるという経験が珍しくてたまらず、未知の経験への好奇心でいっぱいでした。もしかしたらその先に死がまっているかもしれないのにです。ほんとうにお気楽で、やっぱりバカなんですね、私って。
でもその根底にあったものは「自分は死なない」という絶対的な自信でした。




髪の毛が抜けてなくなると、かつらが頭に自然にフィットします。
どこにいっても、かつらとはわからない、にあうと褒められました。
今では同じかつらをかぶっても、かつらだとすぐにバレてしまいます。



かつらをかぶってはじめて診察にいったとき、ベッドに横になった瞬間、かつらが脱げてしまい、バラエティー番組状態でした。ああ~恥ずかし~
かつら初心者でかぶり方がまずかったのです。



抗がん剤の点滴は、専用の部屋で5~6人の患者さんか和になって座り、一斉に行われました。
毎週行くので顔見知りになった患者さんもいて、というよりいつも同じメンバーなので会話がはずみました。
「そのかつら、にあうね」「どこで買ったの」「私は再発よ」「胃にも転移してね」などと、自分の病状を語り合い、家族環境を面白おかしく話したり、修学旅行にでもいったように和気あいあいと語り合いました。再発とか胃への転移とか、深刻な病状の方もいらしたにもかかわらず、そこにいた患者さんはみんな明るかったです。



同じ病気の患者さんが集まるということは、よい結果につながっていたのではないかと思います。点滴しながら、ガン患者の会に参加しているようなものでしたから。落ち込む人も、がんばってる患者さんから、元気と勇気をもらえました。
患者さんには、若い方は40代から、80代の高齢の方もいらしゃいました。



こうしてガンになっても悲観せず、にこにこ顔でいたのがよかったのか、抗がん剤治療を終えたころには、私のガンは消えていました。〇〇さんと同じだね、消えたね、と主治医である院長先生に弾んだ声でいわれました。ガンが消えたことを喜んでいるのは自分より院長先生のように見えました。



それでも予定していた手術と1ヶ月にわたる放射線治療が行われ、私のガン治療が終わりました。


今は、半年ごとにマンモやエコー、肺のレントゲン撮影、血液検査などを行っております。今回の検査はコロナの感染がこわいので延期しております。
ガンに打ち勝っても、コロナでコロリでは目もあてられません。
みなさまも何卒、お気をつけくださいませ~






 神奈川県医療連携手帳(乳がん)

『アルジャーノンに花束を』山下智久と窪田正孝

窪田正孝さん主演の朝ドラ「エール」面白いですね。
彼の朝ドラ出演はこれで三回目。最初は「ゲゲゲの女房」で水木しげるのアシスタント役。かっこいい役者さんがいるなと思っていました。次は「花子とアン」ですけど、ちょっと彼の良さを生かす役ではない気がしました。



『アルジャーノンに花束を』が山下智久の主演、野島伸司脚本でドラマ化された時、山下の同僚役で窪田正孝が出演していました。彼の演技力は山下より高く評価され、彼が主演だったら、などという声まであがったほどです。



確かに彼が主演だったら、別の『アルジャーノンに花束を』が出来上がったかもしれません。2006年、関西テレビがこの原作をドラマ化したとき、主演のユースケ・サンタマリアの演技力も高く評価され、山下はユースケ・サンタマリアの演技とも比較されてプレッシャーもあったと思います。



野島伸司の脚本では、主人公を知能は低いけれどイケメンという設定でした。山下智久を意識した設定ですね。低い知能だった青年が手術によって高いIQを手に入れた時のカッコよさ、もともとがイケメンですから無敵でしたね。



知能があがるにつれて愛や憎しみを知り、再び知能がもとにもどるという、難易度の高い役でしたが、山下智久はよく演じていたと思います。放送前、難役に挑戦する山下の演技力を不安視する声もあったみたいですが。



『アルジャーノンに花束を』の主演を窪田正孝がつとめた方がいいのでは、という声もありましたが、私は逆に「エール」の主人公を山下智久が演じたら、どうなるだろうと思ったりします。全くちがった印象の朝ドラになり、けっこう、おもしろいかもしれません。


妻役が二階堂ふみさんなら、失敗しないでしょう。
山下智久、二階堂ふみ主演の「エール」見てみたいです。








「アルジャーノンに花束を」のロケ地の一つ、当時住んでいた綱島の家から5分の所にある鶴見川の土手です。ドラマは夜のシーンで東横線が走っていました。

気になる「世界で最も美しい顔100人」

TC Candlerが毎年年末に発表する「世界で最も美しい顔100人」の2020年度のノミネート者が公式Instagram上で発表されているそうです。
TC Candlerは映画評論家が運営するサイト。「世界で最も美しい顔100人」は1990年からスタートしたようです。
投票によるものでもなく、世論を反映したものでもなく、TC Candler運営側の主観的なランキングです。ですが発表されると話題になりますね。




勝手な主観だとわかっていても、気になります。
これまでに選ばれた日本人は以下の通りです。


2008年 かでなれおん(37位)
2010年 佐々木希(33位)
2011年 佐々木希(71位)
2912年 黒木メイサ(54位)、佐々木希(25位)、桐谷美玲(12位)
2013年 島崎遥香(56位)、佐々木希(41位)、石原さとみ(32位)、桐谷美玲(46位)、浜崎あゆみ(60位)、上戸彩(99位)
2014年 島崎遥香(50位)、佐々木希(43位)、石原さとみ(25位)、桐谷美玲(8位)
2015年 島崎遥香(74位)、佐々木希(84位)、石原さとみ(19位)、桐谷美玲(31位)
2016年 島崎遥香(92位)、桐谷美玲(38位)、石原さとみ(6位)
2017年 Niki/丹羽仁希(84位)、小松菜奈(38位)、石原さとみ(34位)、サナ/湊崎紗夏(21位)
2018年 篠崎愛(84位)、Niki/丹羽仁希(75位)、サナ/湊崎紗夏(46位)、石原さとみ(43位)、小松菜奈(31位)
2019年 ミナ/名井南(91位)、Niki/丹羽仁希(76位)、岡田奈々(65位)、石原さとみ(62位)、サナ/湊崎紗夏(48位)、小松菜奈(41位)、山本舞香(22位)


順位で日本人でのトップは石原さとみさんの6位。石原さんは6回もランキング入りしています。去年の順位は62位に落ちていますが。
私的には、朝ドラ「てるてる家族」に出演していたころの“ほっちゃり顔”のさとみさんが好きです。






てるてる家族の四女冬子さん、かわいい~

レナウン「わんさか娘」シルビーバルタン

レナウンが経営破綻したというニュースが入ってきました。
へぇ~、あのレナウンが~、レナウンといえば連想されるのがCMソング「わんさか娘」。おしゃれでシックなレナウン娘が~~~♫と歌うあれです。歌詞も曲も大好きで今でも口ずさむことができます。
作詞作曲は小林亞聖さんで、1961年にかまやつひろしさん、1964年には弘田三枝子さん、1965年にシルビーバルタンさんが「わんさか娘」を歌唱されています。
それ以後も数名の歌手により歌唱されていますが、最もステキで有名なのはシルビーバルタンバージョンだと思います。


 1990年代までこのCMソングが流れていましたが、バブル崩壊後、レナウン本体がテレビCMを削減する中で徐々に使用されなくなっていったようです。
「わんさか娘」のCMが流れなくなったと思ったら、経営が傾いていたのですね。
レナウンの経営破綻のニュースを聞いていたら、「わんさか娘」が聴きたくなりました。








可愛くて、セクシーなシルビーバルタン。
シルビーバルタン星人じゃないですよ~




「字が分からなくなる」ゲシュタルト崩壊

漢字をずっと見続けていると、それがちがう漢字に見えてくることってないですか?
そんな見慣れた文字がだんだん分からなくなる現象を「ゲシュタルト崩壊」というのだそうです。


ゲシュタルトとは、ドイツ語で形や形態、状態を意味する言葉で、ゲシュタルト崩壊は、本を読んでいるときや勉強中など、ふとしたときにも起こるそうです。簡単なひらがなやカタカナが分からなくなることもあるようです。



なぜこうした現象が起こるのか?
文字の“全体”ではなく、“部分”に意識がいってしまう、のが原因のようです。



たとえば「粉」という字についていえば、この漢字をずっと見続けることによって、脳が「粉」という漢字の全体ではなく、「米」「八」「刀」といった部分をバラバラに認識してしまいます。その結果、なんという漢字か分からなくなる、ゲシュタルト崩壊がおこってしまうのです。



「ゲシュタルト崩壊」のことを知らないとき、私は自分をバカだと思っていました。漢字が分からなくなるのですから。誰にでもおこる現象だと知って安心しました。




さらに、このゲシュタルト崩壊は文字だけではなく、図形や人の顔、音などでも起こることがあるのだそうです。



かつて私は東京タワーを目じるしにしてサントリーホールを目指したことがあります。その時、東京タワーを赤い鉄塔かもしれない。東京タワーが分からなくなるという経験をしています。



そのときも「ゲシュタルト崩壊」だったのですね。
いや、そのときは、たんなるバカだったのかも?







東京タワーをじっと見続けたら
赤い鉄塔に見えてくるのは、私だけでしょうか?