yuibachanのブログ

100歳まで心は乙女を目指すばばあの日記

孫に会いに行く 黄色いユリ 孫と読みたい絵本



昨日は夫がリハビリの日だったので、私だけ孫に会いに行きました。
夫がいないので、ひとりで孫の世話をしました。主に赤ん坊が泣いたらあやす、抱く、オムツを替えたりしました。最近は起きている時間が長くなり、かまってほしくてよく泣きます。喋るし笑うので、寝てばかりいたときより、可愛いです。


夫がいたら、ミルクをあげたり、赤ん坊の日光浴をしたり、抱っこしてあやしてくれるので、私一人の時よりずっと楽です。夫の方がミルクを飲ませたり、ゲップを出させることが上手です。





幼稚園に行く孫1号。大きくなりました。少し前まで、この孫もオムツだったのに...



2ヶ月半の孫2号と夫。前回、来た時の写真です。夫と日光浴中。




重くなり、重役みたいな顔つきになって来ました。






娘の家から自転車で帰る途中、美しいユリを見かけました。雨が降りそうだったので、さっさと帰宅した方が良かったのですが、花を撮影したのと八百屋にも寄ったおかげで、びどい雨に遭ってしまいました。
用意してあったレインコートを着ましたが、ズボンは下の方がびしょびしょに濡れて気持ち悪かったです。



ユリの花について調べて見ると、欧州からアジア、日本などに広く自生し、種類は96種ほどあるとありました。交雑種も入れると、とてつもない数の種類があるそうです。
日本に自生しているユリは、イワトユリ、ウケユリ、エゾスカシユリ、オトメユリ、カノコユリ、コオニユリ、ササユリ、サクユリ、スゲユリ、タモトユリ、ヒメユリ、オニユリ、ヤマユリ、テッポウユリなど。


ヤマユリ、ササユリ、オトメユリ、カノコユリ、テッポウユリ、タモトユリ(野生のものは絶滅)、ウケユリ、イワトユリが日本固有種とされています。
日本は、美しいアジサイとユリの国ですね。バラの花も美しいですが、ユリの美しさも格別です。
百合子さんとか小百合さんというステキな名前の方が羨ましいです。






幸せの黄色いユリ。花言葉は「陽気」「天にも昇る心地」だそうです。



















孫1号に読んであげた絵本「いないないなばあ」。小さな孫とも早く読みたいです。








孫1号が好きな「ももんちゃん」 





ご訪問いただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとってステキな良い一日でありますように~💕



×

非ログインユーザーとして返信する